エアコンの自動掃除機能とは?仕組みやメーカーごとの違いを紹介

ざっくり言うと

猛暑が当たり前になった日本の夏には、エアコンが欠かせません。過ごしにくい夏場を快適に過ごせるエアコンですが、フィルター掃除がとても面倒ですよね。高い位置にあるエアコン掃除は、イスや脚立を使わなければならず、特に女性にとっては骨が折れる作業。かといって、掃除をしないとエアコンの効きが悪くなって電気料金がアップしてしまうばかりか、カビなどの発生原因となり、健康にも影響を及ぼします。

そんな面倒なエアコンのフィルター掃除から解放してくれるのが、自動掃除機能付きのエアコンです。この記事では、自動掃除機能付きエアコンがどういったものなのか、その仕組みや各メーカーの機能比較についてご紹介します。エアコン購入や買いかえる際に、ぜひ参考にしてください。

面倒なフィルター掃除とはおさらば!自動掃除機能付きのエアコン

最新のエアコンには、フィルター掃除をしなくても、エアコンそのものが自分で勝手に掃除をしてくれる自動掃除機能といううれしい機能が搭載されています。自動掃除機能付きエアコンの仕組みについて調べてみましょう。

エアコン掃除の頻度はどれくらい?

そもそも、エアコンはどれくれいの頻度で掃除をすれば良いかご存知でしょうか。これはご家庭によって、だいぶ違いがあるかと思います。

毎週フィルター掃除をするご家庭もあるでしょうし、オンシーズンのはじめや終わりにされるご家庭もあるでしょう。もしかしたら、ほとんど掃除をしたことがないというご家庭もあるかもしれません。

エアコンの使用頻度にもよりますが、フィルター掃除は2週間に1度くらいが望ましいでしょう。はじめに掃除機でフィルターのほこりを吸い上げて、洗剤で水洗いをすると完璧です。

自動掃除機能付きのエアコンの仕組み

面倒なフィルター掃除の頻度をぐんと減らせる、自動掃除機能付きエアコンの仕組みについて説明します。

自動掃除機能付きエアコンの見た目は普通のエアコンとあまり違いはありませんが、やや厚みがあることが多いようです。リモコンの掃除ボタンを押すと起動したり、運転停止後に自動的に掃除をしたりとエアコンによってさまざまです。

メーカーによりますが、フィルターについているホコリなどをブラシでこすり取っていくという仕組みが一般的です。ホコリや汚れは、内蔵されたダストボックスに溜まっていきます。

自動掃除機能と内部クリーンはどう違うの?

エアコンのリモコンに、内部クリーンというボタンがついているものがあります。内部クリーンと自動掃除機能は似たようなイメージですが、実は全然違います。

熱交換器やフィルターなどについたホコリやゴミを取る自動掃除機能に対し、内部クリーンは送風運転をおこなうことによって、エアコンの内部を乾燥させてカビの発生をおさえる機能のことを言います。

内部クリーンボタンがあっても、フィルター掃除はしてくれないので、こまめなお手入れは必要です。

各メーカーにおける「自動掃除機能」を徹底比較

自動掃除機能は、メーカーによって名称や内容などが違います。 簡単にメーカーごとの機能を比較しましたので、参考にしてください。

パナソニック

冷房や暖房の運転を停止した際に、内蔵されたおそうじロボットによりフィルターをキレイにしてくれます。フィルターのほこりを掻きだしながら左右にノズルが動くオートタイプとフィルター自体が回転するオートタイプがあり、さらにBOXタイプもあります。

富士通ゼネラル

フィルター自動お掃除機能で、フィルターの目詰まりを防ぎます。ダストボックスタイプなので、掃除もしやすいです。内部クリーン機能では、運転停止後エアコン内を乾燥させ、カビやニオイの原因を取り除きます。

日立

独自のステンレス・クリーンシステムを採用。フィルターの自動お掃除や除菌などをおこないます。また最新の機器では、凍結洗浄を搭載しているものも。内部を凍らせ一気に溶かして、汚れをしっかりと洗い流します。

シャープ

フィルター自動掃除機能は、裏表両方をブラシでフィルターに付いたホコリをかき出し除去します。また送風で乾燥させるほか、プラズマクラスターイオンでカビの増殖をおさえます。最新の機器は、集じん脱臭フィルターを吸い込み口全面に搭載しているため、空気清浄機レベルの空調を実現しています。

三菱重工

ナノミストイオンとバイオクリアフィルターの空気清浄効果で、快適空間を実現します。ダストボックスにホコリやゴミが溜まるフィルター自動清掃機能付き。また運転停止後、自動でエアコン内部の乾燥をうながす内部クリーン運転も搭載されています。

三菱電機

エアコンそのものが汚れの付きにくい素材でできているので、お掃除も楽なのではないでしょうか。さらに「フィルター掃除メカ」が搭載されており、フィルターのホコリをブラシでかき集めてダストボックスへ。運転停止後に自動で掃除をします。

東芝

フィルターの両面についたホコリをダストボックスに溜めます。また冷房・除湿時に発生した水(結露水)が油や汚れの下に入り込み洗い流す仕組みになっています。運転停止後はプラズマ乾燥で脱臭し、カビの発生も抑えます。

ダイキン

フィルターについたホコリや汚れをブラシで落として内蔵されたダストボックスに溜めていきます。ストリーマ放電により、有害物質を酸化分解するダイキン独自の空気清浄化技術「ストリーマ」を搭載。エアコン内部を乾燥させてカビの発生などを予防します。

自動掃除機能付きエアコンはこんな人におすすめ!

自動掃除機能付きエアコンは、フィルターの汚れやホコリを防いで、部屋をクリーンな状態に保つため、ハウスダストアレルギーの方におすすめです。とはいえ、まったく掃除をしなくていいというわけではありません。

ダストボックスに溜まったゴミなどは定期的に捨てなければならないでしょう。それでも頻繁に掃除をしなくても済むので、衛生的で便利な機能と言えます。

日々忙しくこまめにエアコンの掃除ができない方、ずぼらでエアコン掃除がおっくうという方は、自動掃除機能付きエアコンへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

ダイキンエアコンで比較
激安エアコンを買うなら?

家電量販店新品通販中古通販
参考にしたお店ビックカメラ参考にしたお店ジャパネットたかた参考にしたお店エアコン販売王
引用:biccamera.com引用:japanet.co.jp引用:aircon-hanbai.jp
2019年モデル2019年モデル2017年モデル
66,000円79,800円24,800円
下取り有料下取り可買取可能
最大10年保証5年保証最大10年保証
工事対応工事無料工事対応
公式サイト公式サイト公式サイト